生活保護での葬祭扶助の申請方法をご紹介!「福祉葬は葬優社」

大阪市葬祭扶助の申請方法

葬祭扶助とは

大阪市に住民登録されておられる方ならどなたでも葬祭扶助申請は行えます。ただし役所担当者より「面談・審査」が御座いますので合否により、費用免除で葬儀がおこなえるかが決まります。

故人が生活保護者であっても、遺族・親族ががいる場合、お葬式をおこなう遺族・親族が葬儀費用の支払いができるのかが、合否の判断ポイントとなります。


・葬儀をおこなう者ががだれもいない場合

・生活保護世帯で家族の者に万が一のことがあった場合

・生活保護受給者が葬儀をおこなう場合


葬祭扶助とは葬儀費用を支払える者がだれもいない場合に、大阪市が葬儀費用を負担しておこなうお葬式となります。費用を支払える遺族・親族がいる場合には適用されません。

葬祭扶助の申請方法・やり方

葬祭扶助の申請方法をご説明します。まず申請するタイミングは、必ずお葬式を行う前に葬儀申請をおこなわなければなりません。事後申請は認められませんのでご注意下さい。申請の際には当社スタッフが同行致しますのでご安心下さい。


・まずは葬儀社に連絡をする

・葬儀日程、葬儀を行う場所を決める

・役所 生活支援課に葬祭扶助申請の手続きをする


申請の時に役所 担当者から、葬儀日時や葬儀を行う場所などの確認が御座いますので、必ず先に葬儀社に電話をして、日時や場所などを決定しておかなければなりません。なお土曜日、日曜日、祝日などの役所 休館日には申請はできませんのでご注意下さい

葬祭扶助の申請場所・必要なもの

葬祭扶助の申請場所は、申請者(一般的には喪主)の住所地の役所 生活支援課へ葬儀申請をおこないます。故人と申請者ともに大阪市民の場合は、役所 担当者にお尋ね下さい。


・申請者の預金通帳

・申請者の認印(三文判)

・死亡診断書コピー


なお申請時には「死亡診断書のコピー」が必要となりますので、当社にてご用意しておきます。